キャリアアップのチャンスでもある転職

転職に悩んだら
転職は悪いことではない!キャリアアップのチャンス

転職は悪いことではない!キャリアアップのチャンス

Pocket

転職のイメージ

転職と聞いた際にイメージするのはどういったものでしょうか。どちらかといえば転職をすることは悪いことというイメージを持っている人の方がまだ多いかもしれません。日本では終身雇用制度を基本として経済を動かしてきたことから、一度就職をしたところから転職をして別のところで働くということは一般的ではありませんでした。
そのためどこか転職を悪いものとする風潮が広がっており、現在ではこういった風潮も少しは緩和されているように感じますがまだまだ根強く残っているところも多いです。そのため転職をすることに関して推奨されない、もしくは悪いことであるという感覚を持ってしまう人が多くなっています。

引き起こされる問題

こういった転職のイメージが引き起こす問題としてキャリアアップのチャンスがなくなってしまうということがあります。新卒時にどこに入社したかということだけが会社生活の全てになってしまうということは、今後の人生を全て捧げられるほどの決意があってこそです。しかし新卒時にまだやりたいことがわからないという状態であることも多いでしょうし、修正が効かないということは良い形とは言い難いです。
また会社も労働環境面に関してストイックにならないという問題も出てきます。終身雇用制度であれば労働環境を特に改善しなくとも、基本的にはずっと会社にいてくれます。しかし転職が頻繁に行われるようになれば、会社は職場の環境を整えなければ人材がどんどんと流出してしまいます。そのため転職がより一般的になれば、企業が労働環境に対して改善を進めていく必要が出てくるため、企業と労働者が対等の環境が出来上がります。

転職はチャンス

転職に悪いイメージを持ってしまうことで、本当に転職をしても問題ないのだろうかと不安になってしまうこともあります。しかし転職によってもたらされるチャンスを考えれば、勇気を出して転職にチャレンジすることができるはずです。
転職がもたらすチャンスには自分が望んでいる仕事ができるようになったり、今よりもスキルを伸ばしてキャリアアップができたり、給与を上げたりなどがあります。20代であれば未経験の分野でも転職をすることが十分にできますし、キャリアアップや専門的なスキルを獲得することができます。30代ではもっと大きなプロジェクトをリーダーとして進めていく機会に出会うこともできます。40代でも経営に近いマネジメント職として会社全体に大きな影響を与えるような仕事に転職をきっかけに携わることができます。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る