今の仕事を続けるべき転職をおすすめできない人の特徴

転職に悩んだら
転職せずに今の仕事を続けるべき人の特徴

転職せずに今の仕事を続けるべき人の特徴

Pocket

安定している会社や公務員

転職を考えてはいるもののその転職にストップをかけてもう一度考え直してみるべき人に、安定している会社で勤めている人や公務員の人が挙げられます。安定したところで働いている公務員などは仕事もルーティンとなることが多く、やりがいを見出せないと不満を持ってしまう人は少なくありません。そして業績が安定しているということから新規事業に乗り出す機会もほとんどありませんので、給与も悪くはないけど良いわけではないという場合が多いです。
こういった環境で働いているとついつい周囲の話を聞くとその人の仕事が羨ましくなってしまうことがあります。高額な給与で働いていたり、ベンチャーの仕事の話を語られてこの人輝いているなと思うこともあるかもしれません。しかしだからといって安易な転職を考えてしまうのは大きな失敗につながりやすいです。新規事業は成功よりも失敗する割合の方が高いです。またベンチャーは軌道に乗って上手くいく会社よりも、途中でつぶれてしまう会社の方が多いのです。こういったこともよく考えて、自分の仕事を今一度見つめ直すことをおすすめします。

ルーティンワークがメインの人

大きな会社は業務がとても細かく分けられていますので、どうしてもルーティンワークが多くなります。そのためその仕事のスペシャリストにはなれるかもしれませんが、転職市場にはスペシャリストである上にさらにもう一個のスキルが求められます。すぐに実績を上げることができる即戦力となる人はスペシャリストである上に、どのような環境でもすぐに対応することができる人です。
そのためルーティンワークをこなすことに長けている人でも、環境が変わることでそのルーティンの能力が落ちてしまったり、言われたこと以上の動きができるとは限りません。そのためルーティンワークばかりをこなしているという人は転職をした後の仕事を想像して、強い自信を持ってどんなことでもできると考えられるのか、それとも現在の仕事でルーティンワークをこなしながらもう一つ踏み込んだ仕事に挑戦するのかを考えてみましょう。

高望みをしている人

特にこれといった実績がないにも関わらず年収1000万円以上を求めてもそれは無理があります。年収1000万円を超えるのであればそれなりの大企業の良いポジションに就くこととなります。しかし大企業ではそんな実績もない人にそこまでの給与を与えるリスクを取りません。そのため高望みばかりを考えて転職をしようと思っている人は冷静に自分の能力を考え直してみましょう。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る