どんな人が転職に踏み切るべきか

転職に悩んだら
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に踏み切るべき人の特徴

Pocket

就職前とのギャップ

入社した会社からもともと就くように説明されていた職種ではなく、別の職種に就くように指示されるケースがあります。会社は社員のやりたいことを優先するわけではなく、組織として利益を生むことができるように適材適所に人材を配置することを優先します。そのため考えていた仕事と違う仕事で視野が広がることがある反面、やりたい仕事ではない仕事をすることによって仕事自体のモチベーションが下がってしまうこともあります。そんな就職前の期待感と就職して働いている現在とのギャップが大きく広がってしまっている場合には転職をすべきと考えられます。
全てが思うように動くわけではありませんが、入社前の話と違う体制で人材を働かせるような企業体質を考えれば社員を大切に扱ってくれるとは思えません。そして社員を理不尽に扱っている会社では社員が前向きに仕事をしているとも考えづらいので、転職をすべきと考えても良いはずです。

現状に満足していない

一つの会社に長くいると良いことも悪いこともあります。慣れ親しんだ環境は働きやすいという良い面もあれば、どうしても同じような仕事に偏るのでスキルも偏るなどの悪い面もあります。また、新しいことにチャレンジをする機会も減ってしまうところがあります。
そのため新しいことにチャレンジをしたいという現状に満足をしていない人は転職をすべき人と判断できます。転職を決断する上で自分自身を見つめ直すということは大切ですが、転職をして努力をすることで満足をすることができるかといった、もう一つ踏み込んだ答えを考えてみましょう。そしてチャレンジしたいという思いがより一層強くなるのであれば転職を前向きに考えてみましょう。

評価が見合わないと考える人

自分にされている評価が適正ではないと感じている人は転職を考えてみるべきです。評価の判断基準はとても難しいですが、目に見えて判断できるところには待遇があります。会社にとって利益を生み出しているにも関わらず給与が極端に低かったり、昇給がないという状況ではやる気がなくなってしまうのは当然です。
そのため自分がしている仕事の実績と会社に貢献している利益から、現在自分のポジションや給与といった待遇のバランスを考えて納得ができないという場合は転職を考えましょう。会社で実績を残せている場合には転職にも役立つ武器となりますし、転職を通してもっと自分への評価が見合う条件で働けるところがきっと見つかるはずです。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る