今後成長していく業界として転職におすすめの介護職

転職に悩んだら
社会全体から期待されている介護職

社会全体から期待されている介護職

Pocket

介護業界の今後

日本は2010年を人口のピークに人口減少を続けていますが、75歳以上の高齢者数は逆に加速を続けており現在では4人に1人の割合で75歳以上の高齢者となっています。もちろん高齢者が増えるということは高齢者が望むサービスの需要がどんどんと増えてくることは確実です。ではその高齢者が望むサービスを考えた際に代表的なものは介護サービスです。介護業界はこれからもっと進んでいく日本の高齢化に伴って、需要が加速していく成長産業となります。

介護サービスの需要

では実際に現在の介護サービスの需要について考えてみます。介護サービスの受給者は2000年から2012年の12年間で200%増加しており、特に訪問介護サービスの受給者は240%近い割合で伸びています。入居施設型の介護サービスも65%増えていることを考えれば、介護サービス全体の需要は驚異的な伸び率を見せています。高齢化社会による財政問題などの数多くの問題点が不安視されていますが、別の視点で考えると介護業界は成長産業であり業界自体の将来性はとても高いということがわかります。

介護職員の数

2000年に55万人だった介護職員の数はその需要に伴い12年間で3倍に増加し、2025年には約250万人に増やすことが目標とされています。しかし2025年度には現状の推移から予測した職員の数は230万人とされており、目標である250万人には約20万人もの人手が足りなくなると想定されています。
そのため今介護業界で働こうと転職を考えている人たちは、社会的にも歓迎されている人材ということがわかります。介護の経験はないけれどすぐに採用されたという人もいれば、40代の未経験業界への挑戦で不安だったけど問題なく働くことができたという人もいます。介護業界はやってみようという気持ちがあれば未経験者も受け入れてくれますので、とても転職しやすく将来性の高さからもとてもおすすめの職種ということが言えます。

キャリアアップ

介護職は働く年数などによって受験資格が与えられますので、働く年数を重ねるだけキャリアアップのチャンスが来ます。上位の資格を取得することで資格手当がつき給与がアップしますので、頑張って経験を積んで資格を取得することができればそのまま評価基準の一つである給与に反映されます。つまり適正な評価を受けやすい職種ということも言えます。国家資格である介護福祉士の資格を取得できれば仕事の幅が広がり、管理職として一つの施設を運営する側でやりがいのある仕事ができるようにもなります。そのため未経験でもキャリアアップのことを考えれば転職をしやすい業界ということがわかります。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る