独立を目指す人にはおすすめの飲食業界

転職に悩んだら
将来独立を目指すなら飲食業

将来独立を目指すなら飲食業

Pocket

身近な飲食業界

私たちの暮らしに密着した身近な仕事として飲食業が挙げられます。学生時代に飲食業界で働いた経験を持っているという人も多いですし、お客様として飲食店を利用したことがないという人はいないほど多くの人に利用されています。
そしてアルバイトではなく、飲食業界に転職をするという人も少なくありません。そんな飲食業界への転職に興味を持っている人に向けて飲食業界のやりがいなどについて紹介します。そして最終的に飲食業界の経験を活かした独立に関することも紹介します。

目に見える貢献

毎日様々なお客様が訪れて食事をしていきますので、お客様と店員さんとの間でコミュニケーションが生まれることも珍しいことではありません。人と接することが好きという人にとっては楽しい環境ということが言えます。内勤やオフィスワークの仕事ではなかなかお客様の反応を見ることができませんが、飲食業界では自分が接したお客様の反応をダイレクトに受け取ることができます。そのためお店の対応に感激してくれたお客様に感謝の言葉を直接伝えてもらうことができますので、目に見えて貢献できているというやりがいがある業界です。

人材育成

飲食業界は人手をアルバイトで補っているところが多いです。そのため従業員の割合はアルバイトの方が高く、正社員よりもアルバイトと接する機会の方が多いということもあります。正社員はアルバイトに対して接客などの教育を行っていく仕事もあります。そのためアルバイトの従業員をねぎらったり厳しく指導をしたりといった育成のやりがいもある業界です。
人材育成は飲食業界だけでしか経験できないものではありませんが、飲食業界では若いうちから人を育てることを意識しているケースが多いです。そのためまだ若い人材の難しい育成に携わることができ、伝え方や指導方法などを試行錯誤しながら自分自身のスキルを向上させることが可能です。

将来的に独立ができる

飲食業界は若いうちから店舗責任者として店長などの役職につくことが多くあります。店長などの店舗を管理する立場になれば多種多様な業務を全て請け負うこととなります。数字を考えながら人を動かしますし、売上を予測した人材配置など様々です。
こういった経験から独立して自分でお店を立ち上げる人がとても多くいます。店舗責任者としての仕事の経験は将来自分がお店を持った時にとても役に立ちます。他業種から脱サラして飲食店を開業した人よりも、この業界で経験を積んだ人の方が有利です。将来的に独立を目指すのであれば飲食業界への転職はおすすめです。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る