未経験からの転職におすすめの営業職

転職に悩んだら
採用確率が高い営業職

採用確率が高い営業職

Pocket

営業職とは?

営業という仕事はとてもメジャーな仕事ですし、営業の仕事をしていますと聞かされるとそうなんだとすぐに納得をすることができるはずです。しかしもう一つ踏み込んだ営業とは?と考えた時に意外と営業に関して知らないという人は多いと思います。営業職が未経験でも採用されやすいという理由とあわせて紹介します。

4つのスタイル

営業には大きく分けて2種類のお客様がいて、2種類の取り扱い商品に分けることができます。営業のお客様には法人と個人で分けることができます。法人と個人はそのまま会社にモノを売るのか個人にモノを売るのかの違いとなります。取り扱う商品については形のある商品であるのか、もしくは形のない商品であるのかで分けられます。例えば化粧品の営業であれば形のある商品を売ることになります。テレビのコマーシャルをしませんかという広告を扱う営業の場合には形のない商品を扱うことになります。
これらの法人と個人か、そして有形か無形のモノを扱うのかで営業は4つのスタイルに分けることができます。中でも特に未経験におすすめするのが法人向けに形のない商品を扱う営業です。人材や広告に関する営業などは未経験でも結果を出しやすいという特徴を持っているためです。

未経験がチャレンジできる職種

未経験の職種にチャレンジをしようと考えている人に向けて、どのような職種が未経験でもチャレンジしやすいのかという点について考えてみます。これの一つの答えとして大企業に未経験で採用する職種の調査からみてみます。大企業が未経験で採用する職種は営業職か事務職がほとんどとなっています。逆に考えてみると、営業職か事務職以外の未経験からのチャレンジはとても難しいということがわかります。

営業への転職

未経験からでも就職できる営業の具体的な仕事として、店舗販売から営業へチャレンジすることができます。また個人向けの営業から法人向けの営業へチャレンジすることもできます。新規開拓の営業から既存顧客に対する営業にスタイルを変えることで新しい営業の感覚をつかむこともできます。また学校や予備校の教員といった公務員からでも営業職へと転職を成功させている人もいます。そしてエンジニアや事務といった専門職の知識を活かした営業職へとチャレンジすることも難しくありません。営業には予備知識が求められることが多いので、もともと知識がある分野の営業職へと転職をして活躍することは比較的容易です。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る