転職活動の最重要ポイントである面接のマナー

転職に悩んだら
NGなマナーで面接していませんか?

NGなマナーで面接していませんか?

Pocket

面接は内容よりもマナー

面接に臨む時に考えることはどのようなことでしょうか。これを考えた時に多くの求職者は素晴らしい答えができるかどうかということに要点を置いてしまいがちです。しかしその実、人事担当者は意外と答えに重きを置いてはいません。何を重要視しているのかと言えば、会社に入ってから周囲と協調性を持って働けるのかどうかという点になります。
どのようなスキルを持っていてどういった志望動機があって応募してきているのかは書類によってほとんどは選考されています。そのため面接で求められることは応募に見合うスキルを持っているかどうかではなく、求める質問に対して的確に答えられるかどうかという点と協調性を持って働けるかどうかという点に絞られます。
これらは突きつけめていくと、常識を持っておりマナーをある程度持っているかどうかという点になります。他人を思いやり、協調性を持とうと心がけることがマナーです。そのため面接時に大切なことはコミュニケーションスキルが試されているという話になりますが、簡潔に言えば会社に入って輪を乱すことなく働けるマナーを持っているかどうかという点に集約されると考えましょう。ではこのマナーについて解説します。

最初のマナー

面接には応接室に通されて面接官を待つスタイルの面接と、面接官が待っている応接室に入っていくスタイルの2パターンがあります。応接室に通されて面接官を待つスタイルの面接では、面接官が応接室に入ってくる際にはノックがあった段階から椅子から起立し、立って待っているのがマナーとなります。自分からノックして応接室に入るスタイルの面接では、ノックは2回、そして立った状態であいさつをしてからおかけくださいと促されてから座るのがマナーです。自分からノックして応接室に入る際には面接官に対して背を向けても構わないので、扉に対して向かい合った状態で閉めるのもマナーになります。

話し方のマナー

では実際に面接が始まったら会話をすることになりますが、気をつけたいのが話し方のマナーです。話し方のマナーの1つは目を見て話すことです。人見知りであることは恥ではありませんが、人の目を見て話せないということは恥じるべきです。うまく話せないことは恥ではありませんが、人の話を理解しようとしないのは恥じるべきです。つまり上手に話すことはできなくても良いので、せめて目を見て真摯に何を聞かれているのかを必死に考えながら話すのが話し方のマナーになります。

服装のマナー

オフィスカジュアルやクールビズが定着してきたことから、ある程度の服装も許されるような風潮にはなってきました。しかしそれでも面接には上下が揃ったスーツで面接を受けることがマナーになります。女性であればネイルやメイクなどが派手であることはマナー違反となりますので、できるかぎり控えめにしましょう。かといってノーメイクはかえってマナー違反ですので、派手にならないナチュラルメイクを意識して面接に臨みましょう。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る