転職で重要となる志望動機を書く際のポイント

転職に悩んだら
人事担当に響く!志望動機を書くコツ

人事担当に響く!志望動機を書くコツ

Pocket

志望動機は大切

履歴書の志望動機は転職活動の中でも成功する上で特に必要とされる部分の一つです。そのため志望動機をしっかりと書けるかどうかという点は転職が成功するかどうかを分けるポイントになります。なぜその企業で働きたいと思っているのかという点や、自身の経験と結びつけた志望動機が書けるのかどうかというのはとても重要です。ではそんな重要な履歴書の志望動機の書き方についてコツを紹介します。

効果的な3つの要素

書類選考を重視する企業に転職をしようと思ったらもちろん提出する書類の内容が内定を取るために大切な要因となります。また応募者が多く、書類選考の段階でふるいにかけられるようなところでも同様に履歴書は大切です。そんな書類選考を突破するために効果的な3つの要素について説明します。
まず1つ目はこれまでの経緯と転職を考えた理由となる過去が一つの要素です。そして応募する企業に対してどこに現在魅力を感じているのかという現在の要素があります。最後にもし採用されて働き始めたとしたらどのようなことに挑戦したいかという未来に関する要素です。過去と現在、そして未来に関する3つの要素を明らかにすることが効果的です。
つまり過去の実績となることと転職を考えた理由から、現在につなげてどこに魅力を感じているかを明確に記載し、将来的にどのようなことを挑戦していきたいのかという一つのストーリーになるように書き上げることが書き方のコツとなります。特に前職でおさめた実績で誇れることを盛り込めることが理想となります。

共通項を意識

人事担当者は人材を募集する度に数百に及ぶ応募書類に目を通すことになります。そしてその人事担当者は1枚1枚にじっくりと時間をかけている暇はありません。そのため履歴書などの書類に人事担当者が目を通す時間は数十秒と言われており、つまり応募者はその数十秒という短い時間の中でどれだけ自分は採用すべき人材であるのかをアピールする必要があります。
そんなアピールに効果的なことが応募条件に見合う経験とスキルがあるかどうかという点、会社の雰囲気や考え方に沿っているかどうかという点、そして長く働き続けられるかどうかの3点となります。特に志望動機で意識するべきは2つ目の会社の雰囲気とマッチするかどうかという点になります。人事担当者に対して相性が良さそうだと思われるためにはその会社をリサーチし、ホームページなどからの情報を通して自分の経歴とスキルにマッチするようにアピールしましょう。

背中を押してもらいたいあなたへ!

転職はするべきだろうか?

転職はするべきだろうか?
転職に踏み切るべき人の特徴

転職に関して迷うのは当然ですが、しかしいつまでも迷い続けていればチャンスを逃すことにつながりかねません。ここでは転職に踏み切るべきと考えて良い人の特徴について紹介しています。

詳しく見る